年金

スポンサーリンク
年金

国民年金は未納のまま投資した方がお得?メリット・デメリットを理解しておこう

『年金はどうせ貰えないし自分で投資した方が良い』と考え、国民年金を未納のまま投資をした場合、老後には一体いくら取り崩して生活出来るのか?その際のメリット・デメリットについても徹底解説!年金を払いたくない人はデメリットを理解した上で自己責任で投資をしましょう。
年金

【国民年金は60歳まで】22歳から働き始めた場合40年間納められない?満額貰えない人の対処法は任意加入

国民年金は60歳で納める必要が無くなり40年間(480ヵ月)納めていると満額支給される仕組みですが、若い時に免除申請していた場合は満額条件をクリアしていない可能性があります。そこで60歳から任意加入することで5年分年金を増やすことが出来ます。
年金

年金(国民年金・厚生年金)っていつまで払い続けるの?60歳(定年後)以降も働き続けたら保険料を納めないとダメ?年金を多く受け取るベストな方法とは?

年金(国民年金・厚生年金)って何歳まで払い続けるの?60歳以降(定年後)も再雇用・再就職して働いた場合保険料は納めなくてはいけないの?これらについて徹底解説!また年金を多く受け取るにはどのタイミングで受給開始したほうが良いのかベストな方法を伝授
年金

【日本と海外の比較】世界の年金事情について調べてみた!日本は優れているのか劣っているのか?

日本の年金は年々減少傾向で老後生活を送るのは非常に困難です。アメリカやヨーロッパなどは年金はいくら貰えるのか?何年納めるのか?所得代替率は何%か?世界の年金事情を徹底解説!日本と海外を比較した際、日本の年金制度は優れているのか劣っているのか?
年金

【老後は安泰!?】年金だけで老後生活を送れる人の条件4選

老後2000万円問題があるように年金だけで老後生活を送るのは非常に難しいです。しかし中には年金だけで生活を成り立たせる人も居るはず。その人たちはどのように年金支給額を増やすことが出来たのか?年金だけで老後生活を送れるための条件を4つ紹介!
年金

【2022年10月に法改正】厚生年金に加入出来る人が増加!対象者の条件とは?メリット・デメリットについても解説

2022年10月に法改正が行われ厚生年金に加入出来る人の範囲が拡大されます。今まで社会保険制度が適用されていなかった人も被保険者資格を得られます。加入対象者の条件、加入時のメリット・デメリットを解説!扶養者手当を貰っている場合の対策も解説
お金の基礎

【老後は安泰!?】社長や高給サラリーマンはいくら貰えるの?厚生年金の上限額とは?

厚生年金は年収によって保険料と支給額が大きく変動します。老齢厚生年金の平均が14万5000円に対して、社長や一流企業の高給サラリーマンはいくら貰っているのか?そもそも支給額に上限はあるのか?上限の条件とは?気になる疑問について徹底解説!
年金

【知らないと損する!?】年金繰り下げ受給で勘違いしやすい事6選!

老齢年金を増額する方法として繰り下げ受給(65歳から受け取らない)があります。繰り下げにはデメリットもあり、ケースによっては貰えるはずだった他の年金が貰えなくなることもあります。勘違いしやすいポイントを6つ紹介するので当てはまる方は気を付けましょう。
年金

【おひとり様(単身)老後】生活費は平均15万円!厚生年金で生活できる人の割合は?足りない時の対処法

老後を迎えるお一人様(単身)の平均生活費は15万円です。厚生年金では生活成り立つのか?国民年金のみの場合どうすればいいのか?年金が15万円貰えない時の対処法として『老後も働く』『繰り下げ受給』があるが、老後を迎える時に貯金が無ければ大変です。
年金

【老後生活】年金だけでは足りないけど働きたくない!そんな人への対処法5選!

年金だけでは老後生活成り立たなくて困っている。けど絶対に働きたくない!そんな人向けて対処法を5つ紹介します。『年金以外の収入源を作る』『支出を最低限まで下げる』『家族の力を借りる』など少ない年金でも生活が成り立つよう様々な工夫と対策が必要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました