年金

スポンサーリンク
お金の基礎

【老後は安泰!?】社長や高給サラリーマンはいくら貰えるの?厚生年金の上限額とは?

厚生年金は年収によって保険料と支給額が大きく変動します。老齢厚生年金の平均が14万5000円に対して、社長や一流企業の高給サラリーマンはいくら貰っているのか?そもそも支給額に上限はあるのか?上限の条件とは?気になる疑問について徹底解説!
年金

【知らないと損する!?】年金繰り下げ受給で勘違いしやすい事6選!

老齢年金を増額する方法として繰り下げ受給(65歳から受け取らない)があります。繰り下げにはデメリットもあり、ケースによっては貰えるはずだった他の年金が貰えなくなることもあります。勘違いしやすいポイントを6つ紹介するので当てはまる方は気を付けましょう。
年金

【おひとり様(単身)老後】生活費は平均15万円!厚生年金で生活できる人の割合は?足りない時の対処法

老後を迎えるお一人様(単身)の平均生活費は15万円です。厚生年金では生活成り立つのか?国民年金のみの場合どうすればいいのか?年金が15万円貰えない時の対処法として『老後も働く』『繰り下げ受給』があるが、老後を迎える時に貯金が無ければ大変です。
年金

【老後生活】年金だけでは足りないけど働きたくない!そんな人への対処法5選!

年金だけでは老後生活成り立たなくて困っている。けど絶対に働きたくない!そんな人向けて対処法を5つ紹介します。『年金以外の収入源を作る』『支出を最低限まで下げる』『家族の力を借りる』など少ない年金でも生活が成り立つよう様々な工夫と対策が必要です。
年金

【2022年4月】年金受給額引き下げ決定!年金生活者はどう対策すればいいのか?

2022年4月から年金受給額の引き下げが決定しました。いくら引き下げられるのか?何故年金が減るのか?対策法について徹底解説!パートで収入を増やしたり、支出を減らしたり、年金受給を遅らせたりして凌ぐしかないかもしれません。若い世代はしっかり準備することで快適な老後生活が送れるようになるでしょう。
年金

【老後生活突入前に】60代で必ず学んでおいて欲しいこと10選

悠々自適な老後生活を迎えるために定年前の60代で学んでおいて欲しい事を10個紹介します。健康や認知症予防・終活・年金・老後資金・資産運用・趣味・福祉サービスなどについて知識を得ることで、老後の生活設計を確実なものにすることが出来ます。安心安全な老後にしましょう。
年金

【年金が少ない人は対象】年金生活者支援給付金を活用して毎月5030円多く貰おう

年金が少なくて老後の生活が困難な人は『年金生活者支援給付金』を活用しましょう。同一世帯の全員が市町村民税非課税であること、前年の年金収入や所得の合計が、88万1200円以下。この要件を満たしていれば毎月5030円多く貰うことが出来ます。
年金

【老後生活で損をする】申請しないと貰えない年金9選!

『年金は自動で振り込まれる』と思いがちですが申請しないと貰うことが出来ない年金があります。〚加給年金・振替加算など〛全部で9個紹介するので、条件に該当する人は必ず申請を行いましょう。年金の申請には5年の猶予しかなくその後は消滅するので急いでください!
年金

【安心して老後を過ごすために】55歳から始める定年後の準備

55歳ともなると定年を意識し始める年齢です。定年を迎えるまでに『老後資金』『再雇用やその他の仕事』『年金などのお金に関する知識』など準備しておいた方が良いことがあります。安心した老後生活を送る為にも準備と対策をしっかりして余裕を持って楽しい老後生活を送りましょう。
年金

【2022年4月】 年金制度が改正!国民年金のみの人も安心して老後を過ごせるようになるのか?

2022年4月に年金が改正され年金受給の引き下げが75歳まで可能となります。これによって最大84%の年金額アップが見込まれ国民年金しか貰うことのできない自営業の人でもギリギリ生活が成り立つ金額まで引き上げることが可能です。問題点は75歳までの生活費と年金額のダウンですがまずは生活費の確保に努めましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました