老後資金

スポンサーリンク
お金の基礎

サラリーマンなら5%の努力で老後資金を用意することが出来る

サラリーマンで老後資金に不安を抱えている人は『5%の努力』をすることで解決します。収入を5%増やす・支出を5%減らす・貯金額を5%増やす・金利を5%に増やす。この4つを実践するだけで老後のお金の不安は無くなります。50歳未満は該当するので早めに実行してみて下さい。
老後

【老後生活を安心して過ごすための準備】60歳までにやっておくべき5つのこと

老後生活に不安を抱えている人の為に60歳までにやっておくべき準備を5つ紹介します。お金を十分に用意できない人でも準備さえしっかりやっておけば定年時に仕事を続ける・年金受給を遅らせるなど様々な選択が可能になります。安心した老後生活を送る為にも準備とシミュレーションをしっかりやっておきましょう。
お金の基礎

【年収は一切関係ない!】アルバイトから会社員まで誰でも共通!今すぐできる資産の作り方

資産の作り方は至ってシンプルです。年収は一切関係なくアルバイトからサラリーマンまで全員に共通して言えることで、支出を減らし・収入を増やし・投資に回すお金を増やし・投資をするだけ!若いうちから時間を味方に付けて資産形成を行い老後の不安を解消しましょう。
お金の基礎

【親がお金を持っていない事が判明】子供がお金を用意する?それとも見捨てる?やってあげるべき対処法

高齢の親がお金を持っていないことが判明した時に子供がお金を用意するべきなのか?それとも見捨てるべきなのか?まず始めにやる事は家計の把握と見直しです。その後保険の確認や家の売却など考えられることを子供がサポートしてあげてください。それでもどうしようもない時は最終手段として生活保護申請を行いましょう。
老後

【老後に不安を抱えている人は9割】しかし投資をしている人は2割なのは何故なのか?原因と解決策について

老後に不安を抱えている人の割合は9割を超えています。対策で一番多いのは『貯金』であり投資をしている人の割合はたった2割です。貯金だけで老後の備えは万全という人はいいですが、収入の少ない人は投資の力を使わなければ老後の備えは難しいです。投資=怖いというイメージを払拭して少しでも老後の生活が楽になるように今から対策をしましょう。
つみたてNISA

【年代別つみたてNISA出口戦略】20代~50代は20年後どうするべきか?オススメ紹介!

つみたてNISAの出口戦略は年齢によって異なります。20~30歳と年齢が若いほど非課税期間が終了してもそのまま運用を続けられますが40~50歳で積立を始めると期間の途中や期間終了後すぐに老後を迎えるため運用よりも貯金を優先した方が良い場合があります。各年齢でのオススメ出口戦略を紹介します。
老後

豊かな老後を迎えるにはいくら必要?

豊かな老後を夢見て今から出来る準備をしたいと思っている人にむけて理想と現実をハッキリさせて一体いくら用意すればいいのか解説しています。老後最大の障害であるインフレ・年金額の減少についても理解する必要があります。少なく見積もって将来足りなくならないようになるべく多く資金を用意しましょう。
お金の基礎

【老後2000万円問題は無くなった!?】金融庁が発表した最新データでは老後1200万円問題に変更された件について

金融庁が2019年に突然発表した老後2000万円問題ですが、2021年では必要な老後資金は1200万円まで減っています。何故変更されたのか?最新データを読み解き、本当に必要な金額を試算することで豊かな老後生活を送る準備をすることが出来ます。
老後

【老後資金はいくら必要?】残念ながら計算できません。その理由と対処法について

老後資金はいくら必要か?計算する方法は『年間生活費×老後の年数』で算出されますが残念ながらこの2つとも正しい数字を出すことが不可能です。老後対策は未来からの逆算ではなく、今から出来ることをやり続けて少しずつ将来へ近付いていくしかありません。
つみたてNISA

【将来子供の老後資金が心配】親が80万円用意するだけで老後には2000万円が勝手に貯まる方法

子供が将来お金で苦労しないように親が老後資金の手助けしませんか?ジュニアNISAを活用すれば80万円用意するだけで老後には2000万円が勝手に貯まる方法があります。シミュレーションによりかなり現実的かつリスクも少ない投資方法となっているので参考にしてみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました